香典

遺品を整理する

高齢化社会の日本において、遺品整理の重要性が高まっています。遠方に親族が住んでいる場合は、遺品整理が難しい場合もあります。そのような場合は専門の業者に委託しましょう。

詳細を読む

New Posts

墓石を洗う

お墓の掃除をすることでご先祖様に喜んでもらうことが出来ます。掃除をする際には様々な注意点があります。割れていたりヒビが入っていた場合は専門の業者にクリーニングと修理を委託しましょう。

詳細を読む

信頼できる業者

遺品の整理を専門の業者に委託することで、故人に対する思いが強い親族では処分できないものも処分してもらえます。信頼できる業者に処分してもらうことで心身の負担から開放されます。

詳細を読む

遺品を片付ける

亡くなった方の遺品が膨大な量で処分に困ってしまうというケースが有ります。そのような際には、インターネットで依頼できる遺品整理業者に相談しましょう。一括見積りのサービスも便利です。

詳細を読む

家族が急に亡くなる

お金がなくても葬儀をあげることができます

家族が亡くなって葬儀をあげる必要に迫られても、手持ちのお金がない場合があります。葬儀費用は、葬儀終了直後に全額を現金一括払いするようになっているのが一般的です。実際に、葬儀を終えた直後に夜逃げをして葬儀費用を踏み倒す人がいるためにそのような料金システムになっているのですが、経済的に余裕がない人は困ってしまうことになります。でも、直葬や一日葬であれば、あまりお金を持っていない人でも葬儀をあげることができます。直葬は、火葬のみで済ませる葬儀形式のことを指します。直葬という名前でなく、火葬式という名前で呼ばれるケースも多いです。一方、一日葬というのは、通夜は行わずに、告別式と火葬だけを営む葬儀形式のことです。一日で葬儀を済ませてしまうことができるため、費用を節約することができます。

直葬を選ぶ人が増えてきました

火葬だけで済ませる直葬に対し、生活保護受給者や誰も身寄りのない人が亡くなった際に行われる葬儀だというイメージを持っている人がたくさんいます。生活保護費から支給される葬祭補助金では直葬しか営むことができませんし、身寄りのない方が亡くなった場合の葬儀費用も公費でまかなわれることになりますので、高額の費用がかかる葬儀が営まれることはありません。そのため、直葬に対してあまり良いイメージを持っていない人が多いのですが、最近は、お金はあっても、あえて直葬を選ぶという人が増えてきています。いったいどのような人がそのような選択をしているのかというと、一言で言うと、葬儀に多額の費用をかけることに対し疑問を感じているような人です。自分のポリシーを貫くために、あえて直葬という形式を選ぶという人が、少しずつ増えてきています。

Copyright© 2015 直葬はお金がなくても、費用が出来ることが魅力All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com